奈良経済同友会
CONTENTS 奈良経済同友会概要 入会のご案内 会員企業一覧 活動報告 各地の同友会
活動報告

平成27年度

[目次] 平成27年度「通常総会」
  5月例会 講師:フードコラムニスト 門上 武司・(株)ジオード代表取締役 NEW
  6月例会 講師:森 昌文・国土交通省近畿地方整備局長 NEW
  7月例会 講師:村尾 和俊・関西経済同友会 代表幹事
  (西日本電信電話株式会社 代表取締役社長)NEW
   
  平成26年度 データはこちらからご覧ください。
  平成25年度 データはこちらからご覧ください。
  平成24年度 データはこちらからご覧ください。
  平成23年度 データはこちらからご覧ください。
  平成22年度 データはこちらからご覧ください。
  平成21年度 データはこちらからご覧ください。
  平成20年度 データはこちらからご覧ください。
  平成19年度 データはこちらからご覧ください。
  平成18年度 データはこちらからご覧ください。

 
平成27年度「通常総会」
 

4月13日(月)、奈良商工会議所会館会議室にて、平成27年度通常総会を開催。総会では、平成26年度事業報告・同収支決算、27年度事業計画・同収支予算、第113回西日本経済同友会会員合同懇談会奈良開催、特別会員委嘱などを審議しそれぞれ了承を得た。
27年度事業計画では「魅力と意義のある『例会』等諸活動の実施」「行政との懇談会の実施」「新しい観光潮流を生かした地域の活性化などの研究・提言活動」「長期的視野に基づく会員増強」「事務局体制の整備・強化」などを決めた。


出席者が90名を上回った通常総会

記念特別講演で「観光立国への道」を
熱く語る星野佳路氏
 

記念特別講演では、「観光立国への道」と題して、星野佳路・星野リゾート代表が講演、約120名が星野氏の話に聞き入った。その中で星野代表は、わが国が「観光立国」を推進していく視点として次の4つのポイントを挙げた。(1)世界中で旅行者が急増し、国際的な獲得競争が起きている。(2)インバウンドは伸びているが、地域的偏重が強く分散させるべき。(3)日本人の国内旅行は減少しているが、マーケットとしては大きく維持・拡大策が必要。(4)日本の観光産業は収益率が低く、需要の割には地域経済に貢献できていない。
その他、奈良は観光資源が豊富なのに宿泊客が少ない。奈良の課題は「宿泊客の増加」。京都との差別化を図るべきと語った。続いて、「会員懇親会」が行われ、会員同士が交流・懇親を深め、盛会裡に終了した。

ページの先頭へ

 
5月例会 講師:フードコラムニスト 門上 武司・(株)ジオード代表取締役
 

「奈良の食の新しいイメージづくりを」
と語る門上武司氏

5月13日(水)、奈良商工会議所会議室にて、フードコラムニスト 門上武司・(株)ジオード代表取締役を講師に、「古に触れ、いまを深耕する」というテーマで5月例会を開催。門上氏は、関西は各地にそれぞれの歴史や文化が残っており、食においても各地に特色のある料理、食材がたくさんある。料理では、京都には京料理、大阪には粉もんやなにわ料理、奈良には三輪そうめん、柿の葉すし、茶がゆなどある。野菜では、京都の京野菜、大阪のなにわ野菜、奈良の大和野菜がある、と京都、大阪、奈良の食についてまず比較。そのうえで、奈良の食は歴史やネタはあるもののそれらが明確に位置づけされておらず、料理人との交渉もないため、確固たるイメージができあがっていない。新(新しいもの)と旧(ふるいもの)の美しい出会いで、奈良の食の新しいイメージをつくっていくことが大切と語った。

ページの先頭へ

 
6月例会 講師:森 昌文・国土交通省近畿地方整備局長
 

「地域を元気に、安全に」と語る森昌文氏

6月15日(月)、奈良商工会議所会議室にて、森昌文・国土交通省近畿地方整備局長を講師に、「地域を元気にする、地域の安全を守る」というテーマで6月例会を開催。森近畿整備局長は局の組織、業務内容等を紹介したあと、近畿の道路や河川・港湾等の整備状況、観光客の動向や課題について、また、巨大地震、地球温暖化に伴う大雨・洪水等に対する防災・減災対策、インフラ老朽化対策等について詳細な説明があった。自分の出身地でもある奈良県については、宿泊者数の低迷、全国最低レベルの道路整備状況等、多くの課題があるが、奈良の経済界から強い要望、支援をいただき改善に努めていきたいと力強く語った。

ページの先頭へ

 
7月例会 講師:村尾 和俊・関西経済同友会 代表幹事 (西日本電信電話株式会社 代表取締役社長)
 

「出会いが人生を変える」と語る村尾和俊氏

6月15日(月)、春日ホテルにて、村尾和俊・関西経済同友会 代表幹事(西日本電信電話株式会社 代表取締役社長)を講師に、「出会いが人生を変える」というテーマで6月例会を開催。村尾代表幹事は電電公社時代に巡り合った、最も恐ろしい上司との出会いが「人生の転換点だったと回顧。職場のぬるま湯体質の打破、何をしても同じ評価・扱いの「淀んだ体質」の改革、課長の大量降格、長期在職社員の流動化など、教えられたさまざまな学びを紹介した。また、リニア中央新幹線全線の同時開業、関西の環状高速道路網の整備、オール関西のIR創出などで奈良経済同友会にも協力を願いたいと語った。

ページの先頭へ

奈良経済同友会事務局
〒630-8213 奈良市登大路町36番地2(奈良商工会議所ビル内)
TEL:0742-22-2525 FAX:0742-22-9613
(C)  2005 奈良経済同友会